蓄膿症に効く薬ランキング!今すぐ蓄膿症を治したいあなたに!

つらい鼻づまりや頭痛・・・なんとかしたい「蓄のう症」に効く市販薬情報サイト|今すぐ使えるお薬

ひどい鼻づまりの症状で、耳鼻科を受診し「蓄のう症」と診断された方へ。

 

蓄のう症とは、「慢性副鼻腔炎」と言います。たとえば、風邪や、花の炎症がきっかけで起こる症状です。

 

副鼻腔とは、鼻の奥にあり、そこに炎症が起きている状態が蓄のう症で、その炎症部分から膿が流れ出ている症状です。

 

一過性のケースもあるようですが、この状態が3ヶ月以上続いた場合に「慢性副鼻腔炎」と言います。このような蓄のう症は、年齢や性別関係なく発症する症状です。

 

たとえば、次のような症状が風邪などの病気関係なく起きていたら、蓄のう症の可能性が疑われます。

 

  • 鼻づまりで息苦しい
  • 鼻呼吸ができず口呼吸になる
  • 鼻水の色が黄色または緑色になっている
  • 目の奥が痛い
  • 頭に鈍痛がする
  • 頬や歯の痛み

 

これらの症状は、蓄のう症の可能性があります。耳鼻科で診察を受けると、診断がくだされます。定期的に治療を受けることで症状を抑えられますが、蓄のう症の症状がひどい時期で通院が難しいときは、市販薬で落ち着かせることもできます

 

私自身が蓄のう症患者です。症状に悩まされ、つらい日々を送っています。頭の痛さ、集中力の低下、目の奥の痛みと、不快な症状を体験しています。

 

ですが、症状を落ち着かせる方法はあります。市販薬でも、副鼻腔の炎症を抑えて、溜まった膿を排出させ、症状を楽にすることができます。

 

ここでは、蓄のう症に効く市販薬をご紹介しておりますので、ぜひ参考になさってください。

蓄のう症に効く市販薬ランキング

チクナイン

おすすめポイント!

テレビコマーシャルでもおなじみ、『チクナイン』は蓄のう症に効く定番の市販薬です。飲み薬で、錠剤タイプと顆粒タイプを用意しています。1日2回・朝夕の服用で、鼻の通りを良くしてつらい症状を落ち着かせてくれます


9種類の生薬による「辛夷清肺湯」という漢方で、蓄のう症のいやな臭いの元になる膿にもアプローチ。余分な水分の調整や、鼻粘膜の繊毛に働きかけます。


膿を排出していき、発生をさらに抑えながら、副鼻腔の炎症を抑えることができます。眠くなる成分は入っていないので、お仕事の邪魔にもなりません。


価格 1,584円
備考 錠剤タイプは7歳から、顆粒は2歳から、1日2回

公式サイトへ

ベルエムピL錠

おすすめポイント!

『ベルエムピL錠』は、漢方薬である「荊芥連翹湯」を使用しているお薬です。蓄のう症の症状である、「鼻づまり、粘度のある鼻水」にこの漢方薬が働きかけ、水分代謝を良くするアプローチで鼻詰まりを改善し、鼻通りをよくします


また、首から上の炎症に効き目がある漢方薬であるため、蓄のう症に限らず、扁桃炎などにも有効です。


飲みやすい錠剤タイプで1日3回の服用になります。食前または食間に服用してください。5歳から服用可能です。


価格 1,980円
備考 1日3回の服用(食前or食間)、眠くなる成分なし、5歳から服用可能

公式サイトへ

「モリ」ちくのう錠

おすすめポイント!

『「モリ」ちくのう錠』は、桔梗やカンゾウといった16種類の生薬による和漢薬が、おだやかに効く蓄のう症の市販薬になります。


鼻炎にも効き目があり、鼻のいやな臭いや鼻づまりなどの症状を改善します。糖衣錠で1日2回、朝夕の空腹時の服用になっています。


やさしい効き目が特徴的で、8歳から服用可能です。


価格 4,000円
備考 1日2回・朝夕の空腹時に服用、8歳から服用可能、和漢薬を使用

公式サイトへ

蓄のう症は自覚しにくい病気

鼻の病気に「蓄のう症」というものがあります。蓄のう症とは、風邪ウイルスや細菌などが鼻の奥にある副鼻腔に侵入し、炎症を起こしている状態です。これが3ヶ月以上続き、慢性化している状態をさします。

 

急性的に発症したとき、いやな臭いが出ます。副鼻腔に溜まった膿から臭うので気づきやすいですが、慢性化してしまうと、鼻づまりの症状も重くなるため、本人が気づきにくく、自覚しにくいともいわれています。悪臭であるため、周りが違和感をおぼえて気づくケースも珍しくありません。

 

鼻の奥にある副鼻腔は空洞になっているのですが、炎症してしまうと、鼻水がそこに入り込んで膿が蓄積し、臭いの根源が発生します。

 

なぜ臭うのか、もう少し具体的にいうと、まず、鼻の中には「黄色ブドウ球菌」という常在菌が存在します。このブドウ球菌には、鼻から侵入する細菌を追い払う役割があるのですが、炎症してしまうと、その菌が異常発生してしまいます。

 

これが臭いの元になっています。さらに、鼻水は黄色くなります。また、「緑膿菌」というウイルスもあり、こちらもまた強い悪臭で鼻水はどろっとしており、緑色をしています。

 

鼻水の状態や臭いをチェックし、違和感をおぼえたらまずは耳鼻科で診てもらいましょう。触診のほか、レントゲン撮影などによって、蓄のう症を調べることができます。

蓄のう症を発症する原因・要因

鼻の病気である蓄のう症になると、鼻の症状のほかに、頭重や頭痛、集中力の低下といった症状が伴い、日常生活に支障を感じる方も少なくありまえん。ではなぜ、蓄のう症を発症するのでしょうか。

 

少し昔までは、「水泳」が関係しているのではないかと言われてきました。子どもは水泳によって、蓄のう症を発症するという話です。

 

しかし、それについては異論があります。事実、蓄のう症を含む耳鼻の病気を発症していない子は多いですから、水泳をするだけで蓄のう症になるわけではありません。

 

ただし、要素としては考えられます。子どもの骨格的に、鼻から耳にかけて水平になっているため、水が入り込みやすいことが関係しています。また、プールや海などの水に含まれる雑菌が、炎症の元になることがあります。

 

稀に塩素アレルギーによるアレルギー性鼻炎から、蓄のう症を発症することもあります。とはいえ、水泳だけが原因とは言い切れません。

 

ただし、水から感染することがあるため、周りに蓄のう症の子がいると、感染する可能性はあります。

 

予防することは難しいかもしれません。早期発見できると、症状を悪化する前に、抑えることができるので、異変がないか、保護者の観察力が大切です。

 

鼻水の様子や鼻詰まりはないかなど、よく観察し、不調を訴えたり、臭いを感じたときには、早めに病院で診てもらいましょう。

蓄のう症の治療法とは?

副鼻腔という部分は鼻の奥にあり、その中は空洞になっています。そこに鼻水が溜まってしまい、炎症が起きた状態(副鼻腔炎)が慢性化すると、蓄のう症になります。

 

もともとは細菌などに感染する病気であるため、この感染に対する治療が蓄のう症の治療で行われます。一般的な治療法では、「薬物療法」と病院での薬の投与になります。

 

症状にもよりますが、まだ悪化していなければ、鼻の奥に蓄積された膿を洗い流します。その後、薬を投与することがあります。定期的な通院によって治療を行い、症状を抑えることができます

 

蓄のう症になると、頭痛や集中力の低下などの症状も出ますので、日常生活への影響を防ぐためにも必要な治療になります。

 

また、状態が悪化している場合や、ポリープができているときには外科手術が必要になります。内視鏡手術が現在ではポピュラーになり、比較的体にかかる負担は軽減されます。

 

もし蓄のう症の原因が、鼻の構造にある場合は、それを改善する手術が必要になるケースもあります。治療法はいくつかあるので、まずは専門医に相談しましょう。

蓄のう症に効く「鼻うがい」のやり方

蓄のう症は、副鼻腔炎が慢性化した状態です。どちらの症状にも共通するのが、苦しい鼻づまりです。鼻水が溜まるため、鼻通りが悪く、それが影響して頭痛や集中力の低下などの症状を引き起こしてしまいます。

 

私自身が罹患していますが、症状が出たときには、鼻を取り出して洗い流したいと思うほどです。

 

それはできませんが、「鼻うがい」という方法で、鼻をすっきりさせることができます。現在では、割と知名度もあがり、鼻の病気がない人も、すっきりを目的に利用される方がいらっしゃいます。

 

蓄のう症などの治療で、耳鼻科でも施術を行っているので利用されたことがある人も多いと思いますが、鼻がすっきりして気持ちいいですよね。

 

自宅用のキットもあるので、自宅で簡単に鼻うがいすることができます。ただ、鼻うがいときいて、口のうがいのようにしてはいけません。

 

たとえば、プールなどで鼻に誤って水が入ったときに、つーんっと痛みを感じたことがありますよね。

 

鼻うがいのために水道水で洗おうとしても、同じように痛みしか感じてしまいます。ポイントは、生理食塩水を使うことです。体の水分である体液と浸透圧を同等にすることで、鼻うがいに適しています。

 

また、洗浄液をいれるときの水圧にも気を付けてください。正しい方法での鼻うがいでないと効果が出ないので、その点に気を付けましょう。

 

専用のキット・器具を用意して、正しい方法で鼻うがいをしましょう。また、やりすぎにも気を付けてください。

市販薬で蓄のう症は治る?

副鼻腔という鼻の奥にある部分に鼻水が入りこみ、さらに炎症している状態が悪化し慢性化すると「蓄のう症」になります。一種の細菌感染です。根源は、ウイルスや細菌が感染することで発症します。

 

一般的に蓄のう症を発症した場合、耳鼻科が専門になります。そちらで、症状や状態経過を観察しながら治療を行います。根本である感染に着目し、治療していく必要があります。薬物療法などで治療しますが、定期的に通院が必要です。

 

しかし、仕事などで症状がひどいときに限って通院できないときもあるかと思います。そんなときには、市販薬を使う方法もあります。

 

蓄のう症という病気の症状は、中には日常生活に支障を感じるものですので、症状を抑える薬が出ています。抗生物質を含む薬はありませんが、症状を落ち着かせる目的なら、市販薬でも対応できます

 

飲み薬で蓄のう症に効く薬は出ていますし、そのほかに、外用薬としてスプレータイプもあります。あくまで症状を抑える薬になるので、根本的な治療は通院するようにしてください。

蓄のう症に効く漢方薬

ウイルスや細菌などに感染し、副鼻腔が延焼した状態が慢性化したときに蓄のう症は発症します。

 

主な症状は、鼻水・鼻づまりや痛みといった鼻の症状に限らず、下記のように日常生活に影響する症状が出て、患者さんは苦しんでいるものです。

 

  • 頭が痛い
  • 頭重
  • 目の奥の痛み
  • 発熱
  • 集中力の低下

 

このような症状を改善していく方法のひとつに、市販の漢方薬を使う方法があります。また、病院で処方されることもあります。

 

一般的に病院での薬物療法では、鎮痛剤や抗生物質などで治療を行いますが、蓄のう症の状態に適した漢方薬を取り入れることもあります。

 

漢方薬は一般的な西洋薬に比べると、眠気のある成分を含まないことなどもメリットです。漢方薬は副作用のリスクも少なく、身体の体質改善に働きかけるため、おだやかな効き目があります。

 

水分バランスや水分代謝などに効く漢方薬が主に蓄のう症の治療に用いられています。さまざまな種類があるので、まずは専門医に相談し、ご利用ください。